挨拶

理研と未来を創る会会長挨拶

理研と未来を創る会会長 近藤 史朗
理研と未来を創る会
会長 近藤 史朗
(株式会社リコー
取締役会長)

「理研と未来を創る会」について

理化学研究所は1917年に、科学技術新興を目的とし民間の自然科学の総合研究所として創立されました。その後財団法人を経て、2003年10月に独立行政法人へと改組され、2015年4月から国立研究開発法人へと移行し、今日に至る迄、幅広い分野において研究を進め、我国の先進的科学技術発展に寄与してきました。

「理研と未来を創る会」の前身である「理化学研究所と親しむ会」は、1987年9月に、当研究所と産業界との関係強化を図り、科学技術の一層の発展と社会還元の更なる促進を目的に設立されました。以来1988年3月を皮切りとして、毎年、理化学研究所の役員、研究者の方々と、企業経営者及び幹部の皆様との交流の場を設けてまいりました。

理化学研究所は2017年に創立100周年という記念すべき節目を迎えました。尚一層産業界との積極的な交流を行い、連携体制を強化するとともに、研究成果の社会還元を促進するために、企業との活動基盤の強化を図っています。当研究所内に設立された産業連携本部では、研究開発段階における産業界との連携強化策として、「産業界との連携センター制度」、「産業界との融合的連携研究プログラム」など、様々な取り組みを行っています。

「理化学研究所と親しむ会」も30周年を迎え、「親しむ」から一歩踏み込んだ「理研と産業界がともに切磋琢磨し、互いに発展する」ことを目指して、「理研と未来を創る会」へ名称変更いたしました。今後も理化学研究所を核に、異業種まで含めた産業界との密接なネットワークを構築し、社会が求めるイノベーションにつなげていくきかけ作りの場となるよう、諸施策を立案・推進して参る所存です。

産業界の皆様におかれましては、当会の運営趣旨及び行事にご賛同いただき、ご参加いただければ幸いです。


理化学研究所理事長挨拶

理化学研究所理事長 松本 紘
理化学研究所
理事長 松本 紘

「理研と未来を創る会」に期待する

企業の皆様には理化学研究所(理研)にご支援、ご協力賜り、誠にありがたく存じております。財団法人理研以来の理研とゆかりのある企業が中心となり1987年に「理化学研究所と親しむ会」は結成されました。結成30周年を迎えた2017年に、理研と産業界がともに切磋琢磨し互いに発展することを目指し、「理研と未来を創る会」へと発展しました。理研と産業界との交流会を深める重要な役割を担っていただき、大変感謝しておりますとともに、理研を核とした異種業まで含めた連携を構築し、社会が求めるイノベーションにつなげていくきっかけを創る場となることを期待しております。

2015年4月から、理研は国立研究開発法人へと移行し、「研究開発成果の最大化」がミッションとなっています。世界トップレベルの素晴らしい論文を多く出すことはもちろん重要ですが、アウトカムとして社会に見える形で貢献あうることも重要であると考えています。

2015年5月に、新しい経営方針として5項目からなる「理研 科学力展開プラン」を発表しました。この一つの項目に『3.イノベーションを生み出す「科学技術ハブ」機能を形成する』を掲げ、全国の大学と一体となって科学力の充実を図り、これを、国内外の研究機関や大学・産業界と形成する科学技術ハブ機能を通して展開し、イノベーションを生み出すことを進めております。

理研が企業の皆様とともに科学技術と産業の一層の発展を目指すべく、是非とも「理研と未来を創る会」にご参加いただき、お力添えをいただけますようお願い申し上げます。